こんどは古いThinkPadの調子が悪い。(X61S)

こんにちは!
最近のPC事情にはめっぽう疎いサイト管理人のYosukeです。

 

 

今日突然、LinuxBeanを稼働していたThinkPad X61S起動しなくなってしまいました。

 

 

再起動後、黒画面に一言「Fan Error」。(一応モニタに写っていますが…見えませんよね…)

 

ThinkPadのヘビーユーザーなら一度は見たことがある、あるあるな恐怖のエラーメッセージ。

 

とりあえずどうしようも無いので、分解して状況を確認します。

 

 

電源ON1回目、FANが異音を出して一瞬回ったあと停止。「Fan Error」でOSも起動せずにシステム停止。

 

 

電源ON2回目、FANはピクりとも回らないが、なぜかOS起動。ほっといたら熱暴走するので自力でシャットダウン。

 

見た目ホコリの目詰まりもあんまりないし、たぶんFANのベアリングの劣化だろうと予想。

 

目的がなくお蔵入りにしていたX61があったので、とりあえずHDDを換装して退避。

 

 

さすが、Linux。近いシステム構成ということもあるけど、HDDの換装だけで何事もなくOS起動。

 

ちなみに、あるあるエラーとは言いつつ、ファンの交換は結構面倒で通常はメーカー修理モノです。

 

古い機種となれば、小額費用で済ませたい。そういう場合はセルフメンテが必要になります。

 

 

ThinkPad X61用のFAN探し

 

早速「ThinkPad X61 Fan」でググると、Amazonにヒット。

 

 

在庫ナシですが、「FRU:42X3805」という型式である事が判明。

 

次にヤフオクへ。

 

 

ありました。最安600円+送料。

 

十分安いと思ったんだけど、次にebayを見る。

 

 

中国輸入で、送料込み300円弱。

最終的にebayで購入。

 

代替機(X61)もあるし、急いでないので一番安いもので済ませました。

 

 

ThinkPad X61とこれからの関係。

 

ThinkPad X61は、2007年発売(購入)だから今年で10年目を迎えます。

普通だと、保証が切れて、PCが立ち上がらなくなった時点で処分だと思うんですよね。

 

改めて、ThinkPadセルフメンテナンスしやすい仕様というのは本当にありがたい。

用途がなくなるのがいつになるか…、それまで使い続けていたいですね。

 

現行のThinkPadにあまり魅力を感じていないのだけど、

イザ買うときになったらまたThinkPad選ぶのかな…。

You may also like

Leave a comment