ダビマスが楽しい。ヤバい。

こんにちは!
ダビスタと言えばⅡの思い出、サイト管理人のYosukeです。

 

 

今までスマホでゲームは一切しなかったのですが、最近ダビスタがある事を知りまして、

iOS版を早速インストールしてプレイ中です。

 

 

 

ダビスタ?ダビマス?

ちなみに「ダービースタリオン マスターズ」(通称:ダビマス)というゲームは、

プレイヤーが競走馬を育成して、新馬戦からG1レースまでを制覇していくというゲーム。

 

割りととっつきやすい(あまり深く考えなくても楽しめる)ゲーム性の裏に、

かなり中毒性の高いやりこみ要素が詰まっていて、そのおかげというか、

ダビスタがきっかけで、純粋に競馬ファンになった人は多いと思います。

 

実際に、社台ファームの厩務員になった友人もいました(笑)。

 

そんな競走馬育成ゲームのパイオニア的存在、ダービースタリオンシリーズの最新版。

 

ゲームアプリの対応OSは、Android または iOS のいずれかとなっています。

 

 

 

プレイしてみた感想。

そんな僕もいちダビスタファンでして。

 

成り行きでやってみたところ、下手こいて40年経過して早々経営難に陥ってしまい、

また最初からやり直し。

 

こんな下手くそいないんじゃないかな、、いやー悔しい…情けない。

 

でも、課金なしでも十分楽しめることはわかったので、このまま非課金でプレイしていく予定です。

 

 

 

ダビマスのやりこみ要素

 

その1:お金、馬蹄石、フレポを貯める

 

 

ゲームの「お金」は、競走馬や施設の維持費用、牝馬(メス馬のこと)の購入等に使う為に必要で、

基本的にレースに勝利して獲得する事ができます。「お金」自体には課金要素はありません

 

 

いっぽうの「金の馬蹄石」は課金要素

有力種牡馬の入手(レジェンド種牡馬抽選ガチャ)、行動力(連続プレイ)ゲージの回復などに必要なものです。

非課金でも、ダビマス運営側からのプレゼントや、ミッションクリアでもそこそこ貰えて、

課金しないと絶対に手に入らないわけではありません。

 

 

フレポ」(フレンドポイント)は非課金要素。

ログインボーナスや、ゲームの中でもらう事が出来る、ユーザー同士の交流を名目としたポイント。

種牡馬の入手(ダビフレ種牡馬抽選ガチャ)を回すために使います。

 

 

 

要するに「ガチャ」には2種類あり、非課金でも回せるガチャがあるので、

これを効果的に使えば、課金なしでも十分遊べるという親切な仕様になっています。

 

 

その2:複雑な配合理論(競走馬の生産)

 

 

馬の能力の良し悪しを左右する「血統」。

 

最強馬の生産は血統次第と言っても過言ではないゲーム性は相変わらず。

 

ゲーム中の牡馬(オス馬)×牝馬(牝馬)で生産した競走馬を、代を重ねて独自の血統をつくる事が出来るので、

その血統・配合パターンは無限大です。

 

また生産した1頭ごとの性別・能力も完全にランダムで、常に思い通りに行かないのがダビスタ。

そこが、つらくもあり、面白くもあり、達成感もある部分です。

 

 

逆に、「配合理論がわからないと楽しめない」かというと、全くそうでもなく、

「良さそうな種牡馬」に「高い牝馬」を掛け合わせれば、当たり前に活躍してくれたりするので、

始めのうちは、血統・配合も楽しみ方の一つ、やりこみ要素の一つだとして捉えておき、

徐々にこだわっていけば良いかと思います。(そんな僕もよくわかりません)

 

 

その3:ブリーダーズカップ(BC)

ネットを通じて、ダビマスユーザー同士(またはコンピュータ)で対戦したり、

運営側主催の大会に参加したりする事ができます。

 

 

コンピュータ相手と違い、プレイヤー自慢の競走馬の対戦は熱くなりますよね。

 

ある意味「他のプレイヤーに勝つ」ためにやり込むという作業が、このゲームの終着点のような気がします。

 

 

 

最近はブログの投稿が滞りがちですが、

ダビマス非課金プレイ」の近況や気づきも投稿していきたいと思います。

You may also like

Leave a comment