linuxBean上でWindowsアプリケーションを動かすWineを使用する。サクラエディタなど。

こんにちは!
サイト管理人のYosukeです。

 

 

wineというソフトウェアをご存知でしょうか。

 

 

Linux上でWindowsアプリケーションを動作させる事ができる画期的なアプリケーションで、

まだ発展途上で、完全に動作するソフトウェアは少ないいっぽう、

完璧に動作するソフトウェアもあり、注目度の高いLinuxソフトウェアの一つです。

 

これまで、Linux上でWindowsアプリケーションを動作させる必要性を感じていませんでしたが、

linuxBeanには、最初からWineが使える状態でインストールされているので、使わない手はないなと思い、

ほんの少しですがWindowsで愛用中ソフトウェアをインストールしてみる事にしました。

 

 

日本語フォントの文字化け対策

wineデフォルトのまま使おうとした場合、exe形式のインストーラーを走らせた場合や

ソフトウェアそのものを起動した場合に、日本語が文字化けするケースが頻発します。

 

たとえば、サクラエディタのインストーラーを起動させたところ

 

ほとんど文字化けして、文字を確認出来ません。

 

これを解消するためには、linuxBean 設定ウィザードWine文字化け対策 をインストールします。

 

 

MSゴシックフォントが、Takaoフォントに置換えられて文字化けしなくなりました。

 

もういちど、サクラエディタのインストーラーを起動させたところ

 

文字化けがなくなりました。

 

 

注意点

MSゴシックフォントを使いたいとからと言って、Windowsから勝手にコピーして

/home/yosuke/.wine/drive_c/windows/Fonts

に配置する事は、使用上ライセンス違反となりますので、やめておきましょう。

 

どうしてもの場合、正規に入手する手段などは、下記サイトが参考になると思います。

 

 

Windowsソフトウェアのインストール

インストーラーのexe(または、msiなど)ファイルをダブルクリック

 

20160406-174515-

 

Windowsと何も変わらない感じでインストーラーが起動します。

 

 

Windows同様インストール完了。

 

サクラエディタは、最新バージョンも問題なく動作。

 

 

インストールされたソフトウェアは、

[ スタートメニュー ] > [ Wine ] > [ Programs ] の中に格納されます。

 

 

デスクトップ上にソフトウェアのショートカットを配置する事も可能です。

 

 

サクラエディタをデスクトップに配置させた。

20160406-201344-

 

 

とりあえず、問題なく動作したソフトウェア

  • サクラエディタ
  • Ralpha Image Resizer
  • WinRAR 4.11

 

WinRAR 5 はインストーラーが起動しませんでした。。

 

 

思ったこと

厳しく言えばいまいちなところもありますが、

異なるプラットフォームでソフトウェアがインストール出来るわけですから、

驚異的なソフトウェアと言えると思います。

 

linuxBeanにインストールされているwineはバージョン1.4ですが、現時点での最新は1.9なので

最新バージョンならまた状況は違うかもしれませんね。

 

非常に期待したいソフトウェアです!

 

他にどんなソフトウェアがインストール出来るか試してまた記事にしたいと思います。

You may also like

Leave a comment