linuxBeanにWPテスト環境XAMPPをインストール。

こんにちは!
サイト管理人のYosukeです。

 

先日、linuxBeanにWPテスト環境Vagrant+VCCW環境をインストールした記事を書きました。

 

 

いちおう動作確認でき、手順に問題がない事も実証済みなのですが、

linuxBeanを動かしている、ThinkpadのX61sに限ってはこれがうまく動作出来ず困りました。

 

仕方がないので、オーソドックスなXAMPP環境でWPテスト環境を構築する事にしました。

XAMPPのダウンロードとインストールを進めたいと思います。

 

 

Linux用XAMPPのダウンロード

XAMPPのオフィシャルサイト Apache Friends にアクセスし、ダウンロード。

 

 

ただ…、linuxBeanのOperaブラウザでは以下のようにアクセスできず

 

 

 

 

仕方がないので別のPCなどでダウンロードして、USBメモリやNAS経由でlinuxBeanにコピーします。

自分の場合は、~/scriptコピーしてきました。

 

 

 

XAMPPのインストール

インストーラーを実行する前に、まずパーミッションの変更が必要です。

$ chmod 755 xampp-linux-7.0.4-0-installer.run

 

管理者権限インストーラーを実行します。(管理者権限でないとインストール出来ません)

$ sudo ./xampp-linux-7.0.4-0-installer.run

 


インストーラーは [ Next > ] 連打で問題ないと思います。

※途中CMSインストールのアドオンについて出ますが、不要なのでチェックを外しました。

 

 

インストールが完了したら、自動的にXAMPPのコントロールパネルが表示され、

ここで視覚的にApacheやMySQL(MariaDB)の ON / OFF が可能です。

 

 

これでインストール完了です。

 

 

知っておきたい基本コマンド、基礎知識。

 

XAMPP環境の動作

起動:

$ sudo /opt/lampp/lampp start

 

停止:

$ sudo /opt/lampp/lampp stop

 

再起動:

$ sudo /opt/lampp/lampp restart

 

 

XAMPPダッシュボード

 

ブラウザで:

http://localhost/

 

 

XAMPPコントロールパネル

 

32bit版OSの場合:

$ sudo /opt/lampp/manager-linux.run

 

64bit版OSの場合:

$ sudo /opt/lampp/manager-linux-x64.run

 

 

XAMPP簡易コントロールパネル

 

$ sudo /opt/lampp/share/xampp-control-panel/xampp-control-panel

 

 

今後やっていきたいこと

インストール自体は手順を追っていけば特に難しくはありませんでしたね。

 

ただし、Vagrant+VCCWのように、WPに最適化された環境構築とはいかないので、

ここからの設定がいろいろと手間がかかりそうですが、少しづつ頑張ってみようと思います。

You may also like

Leave a comment