VALUEDOMAINのダイナミックDNSサービスをlinuxBeanとddclientで更新する方法。

こんにちは!
サイト管理人のYosukeです。

 

このウェブサーバーはエックスサーバーで、ドメインはVALUEDOMAINで運用しています。

 

今日は、外出先からドメインアクセスでlinuxBeanに接続出来ないかな~、と思い、

VALUEDOMAINで提供しているダイナミックDNS(DDNS)サービスと、ddclientを組合せて使う方法で、

独自ドメインとグローバルIPアドレスをひも付けする為の設定をおこないました。

 

 

VALUEDOMAINの設定

DDNSを利用したいドメインを準備

管理画面にログインし、[ドメイン] > [DNSレコード/URL転送の設定] で

 

a **** 0.0.0.0 などと記入。(**** サブドメイン…例:「ddns」とした場合)

0.0.0.0 としたのは、後でddclientを利用して上書きするからです。

 

DDNS機能を有効にする

[ドメイン] > [ダイナミックDNS設定]を開き、チェックボックスにチェックを入れ、変更。

 

 

ddclientのインストール

synaptic パッケージマネージャddclientをインストール(3.8.0-11.4ubuntu1)

 

 

インストール途中にメッセージが出てきますが、後で全部修正するので「進む」連打でインストール完了。

 

 

またはapt-getddclientをインストール。(途中の設定は適当に)

 

$ sudo apt-get install ddclient

 

 

VALUEDOMAINのDDNSを利用するパッチを当てる

ddclientVALUEDOMAINのDDNSに対応していませんが、「死者のページ」さんが、

3.8.0用のパッチを公開して下さっているのでこれを利用します。

 

 

linuxBeanの端末(ターミナルエミュレータ)から次のような流れでコマンドを実行。

 

$ cd
$ wget http://www.arcenserv.info/download-files/ddclient-valuedomain.patch
$ sudo patch /usr/sbin/ddclient < ddclient-valuedomain.patch
$ rm ddclient-valuedomain.patch

 

ddclient-valuedomain.patchをホームにダウンロードし、ddclientにパッチを当て、

最後に使用したパッチファイルを削除。という流れって感じです。

 

ddclient.conf の編集

ファイルマネージャからroot権限で/etc/ddclient.confを開き、

 

 

例えば、下記のように編集します。

 

変更前(インストール直後)

# Configuration file for ddclient generated by debconf
#
# /etc/ddclient.conf

protocol=dyndns2
use=web, web=checkip.dyndns.com, web-skip='IP Address'
server=members.dyndns.org
login=
password=''

変更後(変更箇所をハイライト)

# Configuration file for ddclient generated by debconf
#
# /etc/ddclient.conf

syslog=yes 
ssl=no 
use=web 
protocol=valuedomain 
server=dyn.value-domain.com 
login=e-creators.info  [設定したいメインドメイン名]
password=****  [VALUEDOMAINのDDNSを有効にした際に設定したパスワード]
ddns  [任意のサブドメイン名 例:ddnsとした場合]

 

ddclientの実行(DDNSの更新)

$ sudo ddclient -daemon=0 -verbose

 

入力に問題が無ければ、上記のコマンドでDDNSが更新されたはずです。

 

更新がうまくいった例

うまく更新された場合は下記のように端末に表示されます。

yosuke@yosuke-X61s:~$ sudo ddclient -daemon=0 -verbose
CONNECT: checkip.dyndns.org
CONNECTED: using HTTP
SENDING: GET / HTTP/1.0
SENDING: Host: checkip.dyndns.org
SENDING: User-Agent: ddclient/3.8.0
SENDING: Connection: close
SENDING:
RECEIVE: HTTP/1.1 200 OK
RECEIVE: Content-Type: text/html
RECEIVE: Server: DynDNS-CheckIP/1.0
RECEIVE: Connection: close
RECEIVE: Cache-Control: no-cache
RECEIVE: Pragma: no-cache
RECEIVE: Content-Length: 106
RECEIVE:
RECEIVE:Current IP CheckCurrent IP Address: ***.***.***.***
INFO: forcing updating ddns because no cached entry exists.
INFO: setting IP address to ***.***.***.*** for ddns
UPDATE: updating ddns
CONNECT: dyn.value-domain.com
CONNECTED: using HTTP
SENDING: GET /cgi-bin/dyn.fcg?d=e-creators.info&p=****&h=ddns&i=***.***.***.*** HTTP/1.0
SENDING: Host: dyn.value-domain.com
SENDING: User-Agent: ddclient/3.8.0
SENDING: Connection: close
SENDING:
RECEIVE: HTTP/1.1 200 OK
RECEIVE: Date: Tue, 01 Mar 2016 0:0:0 GMT
RECEIVE: Server: Apache
RECEIVE: Connection: close
RECEIVE: Content-Type: text/html
RECEIVE:
RECEIVE: status=0
RECEIVE: OK
SUCCESS: updating ddns: 0: OK: IP address set to ***.***.***.***
yosuke@yosuke-X61s:~$

 

ddclientの再起動

ddclientを再起動しておきます。

 

$ sudo service ddclient restart

 

 

設定してみた感想

メインドメインだけではなく、サブドメインでもDDNSを運用出来るのはいいですね。

用途としては、スマホとか遠隔地からWOL(Wake On LAN)を使ったり。

 

ルーターのポートはむやみやたらに開けたくないけど、遠隔操作する際に便利な

ルーター付属のVPN機能を利用したりするのに使い勝手がよさそうだなーと思っています。

 

Windows用では、Diceというソフトが鉄板でLinux用にも存在しますが、

文字化けして扱いづらいので、ddclientが使える場合はこちらで設定するのが良さそうです。

You may also like

Leave a comment